仕事を探すなら在職中から情報を集めてただし簡単に仕事を辞めてはいけません気持ちはわかりますよ自由に動けますしすぐに就職できるでしょうがだけどこの就職難でそんなうまくいきますか何ヶ月も無職でいるとなぜか仕事が見つかりにくくなるのです思うようにはいかないんですまずは今の生活を維持することが大事です普通、転職する際に、有利とされている資格の一つに中小企業診断士の資格があるでしょう。中小企業診断士となることで、経営に関する知識を持っていることが認められるので、自らを会社にとって貴重な戦力だと扱ってもらうことができるでしょう。法律を熟知する行政書士やお金関する様々な情報を持つファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。
転職活動は在職中から行動を始め、転職先に決まってから退職するのが理想です。
退職してからの期間が自由に動けますし、すぐにでも就業することはできますが、転職先がなかなか決定しないことも想定されます。

無職の間が半年以上になってしまうと、転職先が見つかりにくくなりますから、勢いで現職を辞める意思を示さないようにしましょう。

転職の際に、仕事をじっくりと探そうと思うと、かなりの時間を費やしてしまいます。今の仕事を続けながら次の仕事を探す場合には、転職活動に割くことのできる時間というのは多くは取ることはできないでしょう。

そういう時、活用を考えてみてほしいのが転職サイトへの登録です。

転職サイトへ登録することにより、自分と一緒に、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフが一緒に協力して転職先を考え、探してくれるでしょう。

転職時に必要な資格は、専門職を除くとそれほど多くないようですが、持っている資格が有利に働くという意味では、やはり、国家資格が最強のようです。特に、建築・土木関連ではたとえば建築士などがそうですが、「業務独占資格」と言われるその資格を取得しておかないと実務をすることができないという仕事も少なからずあるので、狙い目ではないでしょうか。