歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。切り開くあごをまん中に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
他の歯科治療と同じように、インプラントにも多様な点で、失敗が起きる可能性があります。
どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術し立ところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてちょーだい。費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという方に適用されます。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯がどうちがうかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、噛み応えがある分だけ、ご飯も美味しく感じられます。

どんな歯科治療でも費用は気になるのですが、インプラントの場合、他の歯科治療と比べても高額です。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。ほとんどすべて自費診療だというのが高額の負担を強いる原因です。現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると費用が数倍にもなる可能性があることをくれぐれも忘れないでちょーだい。最近話題になることも多い治療法であるインプラント。

ですが、難点もあるということに気を付けてちょーだい。最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるワケではないということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
腎臓病や高血圧、糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビン(一酸化炭素の方が酸素よりも強くヘモグロビンと結合する性質があります)A1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してちょーだい。